金曜日, 7月 10

旅行の目安として

海外のホテルというのは、その土地によって様々な制約があると言え、現地に行ってみるまで安心できないと感じている人も少なくないでしょう。

このサイトでは、旅行の目安となるような情報をたくさん挙げていけたらと考えています。

ここでは南アフリカでの一般的なホテルの設備についてみておきましょう。旅行者が心配な点として挙げるものの代表格は「電圧とプラグ」問題ではないでしょうか。

南アフリカではほとんどの地域の電圧は220/230、50Hzと考えておいて問題ないでしょう。問題はプラグの方で、丸型3ピンのB3Lタイプが主流で、この型は日本での取り扱いがあまりなく、入手するにはインターネットショッピングなどを利用することになるでしょう。

不安でなければ、現地で変換プラグを購入するという選択もありますが、万が一手に入らないことを考えると、事前に購入しておくことが安心と言えるでしょう。現地で購入しなければならない場合は、空港やアウトドア用品を扱う店、スーパーなどをみてみましょう。

どうしても手に入らないようであれば、ホテルを高級ホテルに変更すると、マルチ型コンセント使用のところが多いため、プラグがなくても滞在できることが多いため覚えておくと良いでしょう。

現地の水道水は一応飲料用としても使用できるとされていますが、できればミネラルウォーターを飲むようにしておくと良いでしょう。現地では「Still」と「Sparkling」の2種が主流ですので好みの方を選ぶと良いでしょう。

気を付けたいのが気候ですが、南半球にある国は日本と季節が逆転していると考えましょう。しかし、地域によって差が激しいので「これだけ気をつければ大丈夫」といったことは言えませんが、基本的に温暖で乾燥しがちということを覚えておきましょう。旅行シーズンも州によって様々ですので、目的地によって季節を選ぶと良いでしょう。

「The river house」ページトップへ戻る